鬱病にならないように│事前に調べて予防しましょう

焦らず鬱病を治療する自分のペースで進めましょう

鬱病によって起こる問題

ウーマン

鬱病は精神的に様々な負担をかけることになってしまい、それが原因で体重が増えたり減ったりしてしまいます。食事に対して興味を失くしてしまい食事の量が減って痩せてしまい、鬱病のストレスによって食べる量が増えてしまい太ってしまうのです。

詳しくはコチラ

精神と身体に被害が

ハートを持つ医者

鬱病とはどのような病気

最近では鬱病にかかる人が増えていますが、具体的にどのような病気か知っている人は少ないでしょう。鬱病にはいろいろな種類がありますがその中でも、多くの人がイメージするのは大鬱病性障害と呼ばれるものです。この鬱病になってしまうと、常に憂鬱な気分のままでいたり不快になったりした状態が続くのです。また、喜ぶという感情をなくしてしまい、何も興味を持たないような状態が続くでしょう。それ以外にも様々な症状がでてしまい、普段よりも焦りやすくなったり、考えていても思考がストップしたりして何も思いつかなくなります。そして、極端にマイナスな方向へ考えるようになって、自分に関して興味をなくして価値がないと考え始めます。悲観的にものごとを捉えてしまい、ちょっとしたことで罪悪感を感じてしまうとそれをずっと引きずるようになるでしょう。これらがどんどん悪化してしまい、生きてく気持ちがなくなってしまい最悪の結果に繋がるのです。精神的なものだけでなく鬱病は身体にも影響があります。眠りたいけど眠れなくなったり、眠ってもすぐに目を覚ましたりするといった睡眠障害が生じてしまうのです。他にはちょっとした音で起きてしまい、そのまま目が覚めたてしまい、ある人は十分な時間睡眠を取ったはずなのに日中眠くなってしまうなどの症状が起きてしまいます。眠れなくなることでまたストレスが溜まってしまい、鬱病が悪化してしまう悪循環になるかもしれません。それ以外には、頭だけでなく腰や肩、背中や手足など全身に痛みが生じてしまい、痛みはないけど身体が痺れてしまうなどの症状があります。このような症状が大鬱病性障害で、多くの人がイメージする鬱病です。

鬱病になってしまう原因

精神だけでなく身体にも様々な影響がでる鬱病は、いろいろな原因がありますがその中でも一番はストレスです。仕事や人付き合い、環境の変化によって人は様々なストレスを感じてしまいます。仕事では職場の環境が悪かったり、仕事がうまくいかなかったりすることが原因でストレスを感じてしまうでしょう。また昇進して今よりも責任のある立場に立つことで、部下の様子を気にして周りからのプレッシャーを感じてしまうことも。ストレスが溜まる原因の1つです。失敗したらどうしよう、仕事を押し付けられたらどうしようなどのマイナスの気持ちが、溜まっていくことで鬱病になってしまうのです。他には人付き合いでは、周りのことばかり気にして自分の意見を言えないなどのことも影響します。環境の変化というのは学生ならば転校や進学、社会人ならば就職や転勤などで目まぐるしく周囲が変化してしまうことで、強いストレスを感じてしまうのです。ストレスは決してマイナスの出来事だけから生じるものではなく、結婚などの嬉しいことでもストレスが生じてしまうでしょう。結婚はとても嬉しいイベントですが、これは一気に環境が変化してしまいますし、今後はどうするのかという不安もあります。ストレスは嬉しいことや悲しいことで生じてしまい、それらが溜まりに溜まって鬱病になるのです。

鬱病になったら病院に

鬱病という病気は自分の力だけで治すことは、できませんので心療内科で医師と相談しましょう。鬱病は人によって原因は様々ですから、治療法も人それぞれです。心を休めたりして回復させることで回復する人もいますし、心療内科からの抗鬱剤を服用して治すなどの治療を行なうことで回復することができます。最近では、医師によるカウンセリングを行なうことで心を治療するような精神療法もあるのです。医師による判断を受けることで、最適な治療をして早期の回復をすることができるはずです。

病院で気をつけること

悩む女性

少しでも鬱病と思った人は、すぐに精神科にいき検査を受けて医師との問診を行なってください。診察をスムーズに行なうためには、症状を記したメモやお薬手帳、後は家族と一緒に診察を受けることが重要です。

詳しくはコチラ

鬱病を治療するには

カウンセリング

鬱病は酷くなってから気づくことが多いので、すぐに精神科で治療を受けましょう。精神科で行なう治療はセロトニンという物質の分泌をサポートしてくれる薬を使用したり、カウンセリングを行ないストレスの原因を探ったりします。

詳しくはコチラ