鬱病にならないように│事前に調べて予防しましょう

女の人

鬱病によって起こる問題

ウーマン

鬱病で体重が変化

鬱病になってしまうと精神に影響を与えてしまい、それによって食欲も変化するのです。鬱病になってから食欲が減っていき、どんどん体重が減っていくということがあります。逆に普段よりも食欲が多くなってしまい、体重が増えることもあるのです。鬱病になると気分が沈んでしまうせいで、何に対してもやる気が起きなくなって何も楽しくないということになってしまいます。そうなると好きなものを食べても何も感じなくなるのです。それによって、食事に関心がなくなってしまい食事の量もどんどん減ってしまい、体重が減っていくでしょう。また、鬱病では自律神経にも影響がでてしまうため、胃もたれしやすくなったり胸焼けしたりなどの症状も起きてしまうので、それも相まって食事の量が減っていくのです。次に食べ過ぎてしまう原因は、鬱病から不安を食事することで解消しようとすることです。食事をする人の中でも、糖分が多いお菓子などを食べることが多いでしょう。糖分の摂り過ぎのせいで体重が増えてしまいますし、今度は糖尿病になってしまう恐れがあります。それがどんどん続いてしまうと、食欲をコントロールすることができなくなってしまい、食べ過ぎて嘔吐してしまう過食嘔吐に発展してしまうでしょう。鬱病になってしまうと、このような変化が起きてしまい身体を壊してしまうのです。

元通りにするには

鬱病によって体重が変化してしまった場合は、一気に治療することはできないので少しずつ治療していくことが大事です。食欲がなくて痩せてしまった場合は、できるだけ食事に対して負担を感じないようにするのが大切でしょう。食べるのが遅い、残してしまうという不安によって、また鬱病が悪化してしまい食欲がなくなってしまうのです。ですから、時間がかかっても大丈夫、無理せずに残してもいいという気持ちで食事を摂ることが大事です。時間をかけていくことで、少しずつストレスを減らしていくことができるでしょう。食欲を回復させるためには、食べやすくて栄養が豊富なものを選ぶことが大切です。食べ過ぎてしまう人は、自分で食欲をコントロールすることができないので、家族にサポートしてもらって解決しましょう。食べる量や食べ方、食べる時間帯などは医師に相談してみてください。今までに多くの患者さんの治療をしてきた医師ならば、的確なアドバイスをしてくれるはずです。途中経過もできるだけ医師に伝えて、的確な治療をすれば確実に回復させることができるはずです。また、体重の変化は鬱病のサインでもあるので、急激に体重が変化したという人はすぐに病院にいき検査しましょう。鬱病が進行する前に知ることができれば、早期回復することができますし過食嘔吐や糖尿病などの病気を、予防することができるのですぐに相談してください。