鬱病にならないように│事前に調べて予防しましょう

女の人

病院で気をつけること

悩む女性

病院で治療をする

鬱病は自分で判断することは難しく多くの人が精神科にいこうとしません、ただの勘違いと考える人や、精神科にいくのに抵抗がある人が大半ですから診察にいかないのです。そのまま放置してしまうと、本当に鬱病になってしまうかもしれません。そのようなことにならないためにも、すぐに精神科で医師に相談することをおすすめします。精神科では初めての診察の時に様々なことを聞きます。患者さんの家族構成やタバコを吸ったりお酒を飲んだりしているのか、今までの病歴、今悩んでいることと最近生活に変化が起きたなどの質問をするでしょう。これらは鬱病と関係ないと考える人もいますが、病気を解決するためにはいろいろな情報を集めないといけないのです。ですから、治療をするためにどんな質問でも正直に答えましょう。このような質問をした後は、調子が悪くなったのはいつ頃なのか質問します。患者さん自信が自覚している症状や以前と比べてどんな変化があるのか、趣味や好きな食べものが変わってきたのかという質問をするでしょう。他には、最近職場や人間関係に大きな変化についても聞かれるのです。これらを質問することによって、医師は患者さんの今までの生活と変化があった生活の2つを知ることができます。この2つを比較して何がきっかけでストレスが生じたのか、いつ頃発症したのかを知ることでその患者さんに適した治療を行なうことができるのです。精神科では質問だけではなく、尿検査や身体測定、血圧測定といった検査も行ないます。このような検査をすることで、薬や身体の変化によって鬱病になっているのかを調べることができるのです。それだけではなく、体重の変化や血圧が高くなっているかどうかで病気かどうか判断することもできるのです。精神科を受信する時に診察の時に役立つものがあるので用意しておきましょう。それはお薬手帳と自分の身体に起きた症状を書いたメモです。お薬手帳には今までに服用したことがある薬の情報が書いてあるので、その薬の副作用が影響しているかを知ることができます。症状を書いたメモはなくても問題ありませんが、診察を受ける時に医師にちゃんと伝えることができない場合があるでしょう。日頃から自分にどのような変化があったのか、メモしておけば医師に伝えることができますし、いつ頃から発症したのか知ることができるので何かあった時のためにメモを取るようにしてください。

診察は家族と一緒に

初めて精神科で診察を受ける時は必ず家族を同伴させるようにしましょう。鬱病になった人は、初対面の人に対してすぐに心を開くことはほとんどないので、正確な情報を知ることができないでしょう。患者さんについて知ることができなければ、どのようなことが原因で病気を発症したのか知ることができずに、正しい診察をすることが難しくなってしまいます。それだけではなく、診断した結果をちゃんと受けとめることができない可能性があって、逆に不安に感じてしまい悪化する恐れがあります。そのような事態を避けるためにも家族と同伴ではないといけないのです。患者さんの主観的な意見だけでなく、家族からの客観的に見た情報があればより正確な情報を得ることができます。また家族がいることで、初対面の医師と2人だけにならずに済むので1人の時よりも、心を開いて質問に答えてくれるはずです。誰かがそばにいるだけで不安を取り除くことができて、診察もスムーズに行なうことができるでしょう。そして、鬱病の人の代わりに家族が診断結果や治療方針を聞くことができます。家族にサポートしてもらうことで、より効果的に治療をすることができるので初診の時は、家族と一緒に精神科にいくようにしてください。