鬱病にならないように│事前に調べて予防しましょう

女の人

鬱病を治療するには

カウンセリング

鬱病の治療の仕方

鬱病が悪化していき常にマイナスな思考が続いてしまい、身体を動かそうともしない状態を極期といいます。この極期になる鬱病になった本人だけでなく、家族や職場の同僚にも気づかれてしまうでしょう。患者さんの多くがこの状態になってから精神科で診察をして、治療を開始するのです。鬱病を治療するには様々な方法があってその1つが薬を使用する薬物療法です。この病気で処方される薬には、脳から分泌されるセロトニンとノルアドレナリンの働きをサポートするものがあります。この2つには興味や意欲、気持ちに関する神経伝達物質といわれているものです。この2つが少なくなることによって、鬱病を発症してしまうといわれているので薬で補っていきましょう。薬で補うことによって、少しずつセロトニンなどを回復することができ不安を解消することができます。このような薬は効果が表れるのに半月ほどかかるため、すぐに効果があるという訳ではないのです。ですから、効果がないといって薬を飲むのを辞めたり、他の薬に変えたりするのはいけません。他には薬を使用せずに、患者さん1人ひとりに合った精神療法という治療があります。この治療にはいろいろな方法があって、中には臨床心理士と行なう精神療法があるのです。臨床心理士から様々な質問をされるので、それに答えていきストレスの原因を探りだしていくのがこの治療です。他には絵を描いたり演奏をしたりなどの、芸術を利用することによって患者さんの心を落ち着かせる精神療法もあります。芸術に打ち込むことによって、ストレスを発散することができ自分の感情を作品に表現することができるという効果があります。心を落ち着かせて回復することができても、また他のことが原因でストレスを感じてしまい再発する恐れがあります。再発を防ぐためにも患者さんの考え方を変える必要があります。この治療を認知療法といい、患者さんのものの考え方について知ることが大事です。人から悪口をいわれてしまうとそれで悩みすぎたり、ちょっとしたミスでも大きく落ち込んでしまったりしてずっと後悔してしまう、などの考え方を改めないと同じようなことが起きてしまいます。新しいものごとの受け止め方を変えることで、ストレスを感じずに受け流すことができるのです。極期になった場合は、薬や精神的なアプローチをして治療を行ないます。

回復し始めたら

極期から少しずつ鬱病が回復してきた状態を回復期といい、この状態になると少しずつ興味や意欲が戻ってきます。回復期ではあくまで症状が和らいでいるだけなので、決して完治した訳ではないので注意してください。また、この時に一気に回復して職場に戻ろうとすると、また悪化する恐れがありますので少しずつ治療を行なっていき改善していくことが大事です。鬱病になってしまうと、眠れなくなって不規則な時間に睡眠を取ることが多くなるでしょう。ですから元の生活に戻すために、昼型の生活に戻すために夜にしっかりと睡眠を取るようにしてください。それ以外には日光浴をすることで、脳のセロトニンの生成を助けてくれます。セロトニンが不足することで鬱病になるので、セロトニンの不足を防ぐために太陽の光を浴びましょう。長い時間日光浴をする必要はなく、朝起きてカーテンを開ける時に太陽の光を浴びるだけで大丈夫です。後は昼に散歩のために外に出ればより効果があります。次にバランスの取れた食生活を送ることが大事です。いきなり食べるのが難しい人は、一日に最低でも1食か2食でも構いません。大事なことは決まった時間に食べるようにして、少しずつ食事を行なう習慣を取り戻せるようにしましょう。この時に行なう食事は栄養が多いものを食べるようにしてください。甘いお菓子やジャンクフードは身体に良くないのでできるだけ避けましょう。このような治療だけではなく、精神科からの薬は飲み続けないとまた悪化する恐れがあります。調子が良くなってきて薬を飲むのを忘れてしまう人が多いですが、医師から投薬治療をしなくても大丈夫と判断するまでは忘れずに飲んでください。鬱病を回復させるためには、根気強く治療を行なうことを心がけるようにすれば回復できます。